• パーセルは日本のモノ作りを大切にしています
  • パーセルの職人が1点1点手作りしてお届けします
  • 海外から直接買い付けています
  • パーセルの工房
 



それはいつもと変わらない朝。


身支度の最後の仕上げに身につけるダイヤモンドのリングに思わず心が踊る。

忙しい朝の時間だからこそ、心を落ち着けてピアスを耳に通す。

背筋がピンとのびて、自信に満ち溢れてくるのがわかる。

変わらぬ日常がパッと華やぐこともある。


身につける女性の心にそっと寄り添い、ときに励まし、ときに癒すような存在。


自分のためだったものが、いつしか受け継がれ、50年、100年後も残るようなジュエリー。


その昔、ジュエリーという言葉もなかった時代、ある人は伴侶の職業を形にして身につけていました。たとえばそれは船乗りの妻が船のイカリをモチーフにしていたというような・・。またある人は自分を守るお守りとして、または困難を乗り切る勇気の象徴としていつも傍らに置いていた存在だったかもしれません。

あなたを飾るだけの存在ではなく、それはきっとあなたの生き様だったり、あなたをずっと支えてきた、大切にしてきた想いがカタチになったモノとして、ほんの一瞬でもPARCELLEのジュエリーがあったなら。


わたしたちは、そんなことを日々願いながら、日本の確かな職人技術で丁寧にジュエリーを作っています。







2013年12月25日に恵比寿の地にオープンしたPARCELLEですが、これまで22年間、多くのブランド、ショップのジュエリーデザイン、製作を担当してきた歴史があります。
作りたいのは、大量生産でなく、ひとつひとつ丁寧に作る、職人の技術が生きたジュエリー。


私たちPARCELLEのジュエリーが、身に着けるお客様にとって胸の張れるジュエリーであってほしい。そのために日本の職人が手間と時間をかけてお作りしています。


製作の現場からジュエリーショップへ立場を変えて、伝統的な技術、身に着ける人を美しく見せる大胆なフォルム、スタイルをエッセンスとして取り入れたデザインをご提案しています。

 








ずっと永く、いつまでも愛されるデザインを目指したひとつの答え、それは正統。旧くから伝わるスタイルにこそ正統があります。

ジュエリーボックスの中で、いつも特別な存在でいてくれるPARCELLEのジュエリー。その、デザインの源は中世ヨーロッパのクラシックスタイル。デザインのどこかにアンティークの時代の技術、意匠を取り込んでいるのも、先人たちへのオマージュ。

ジュエリーは、想いの形だからこそ数世紀に渡って大切に守り、伝えてきた心と技を継承していきたいのです。











※店舗へのアクセス、ご来店予約もご案内しています。







ショップ概要  
商号 PARCELLE JEWELRY SHOP  パーセル ジュエリー ショップ
実店舗オープン 2013年12月25日
運営責任者 品田 琴恵
事業内容 オリジナルジュエリーの企画製作及び販売
タイ、香港、インドなどからの宝石の輸入及び販売
自社工房の運営
所在地 〒150-0011 東京都渋谷区東2-20-14 1F
電話
FAX
メール 
03-6805-1681
03-6805-1682
info@parcelle.jp